Bluevision Inc.

Blog

アートとブロックチェーン

先月のBluevision Mail(No.5)で少しご紹介しましたが、10月5日に”Blockchain Technology and the Art Market”というテーマでNew Yorkのアッパーウェストで開催されましたセミナーの内容についてフィードバックします。

ご存知のようにニューヨークには世界有数のメトロポリタン美術館、MoMA、グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館などの美術館があり、その近辺には数百件ものアートギャラリーがあることで世界一のアートの街とも言っても過言ではありません。

またNew Yorkはシリコンアレーと呼ばれるほど、ニューヨーク市近辺にはIT、ハイテク企業が密集し、投資などの金融人材も豊富なため数多くのベンチャー企業も生まれています。
そんなニューヨークの強みでもあるアートとテクノロジーが融合した新しいビジネスが生まれようとしており、今回はArtsyのCTOであるDaniel Doubrovkineからブロックチェーンテクノロジーとアートマーケットに向けたセミナーでした。

Artsy

Artsyのミッション

まずArtyは世界中のアートをインターネットベースで身近なものにするというミッションでアートプラットフォームを構築しているNYのベンチャー企業です。

Artsy’s mission is to make all the world’s art accessible to anyone with an Internet connection. We are a resource for art collecting and education.

古典から中世、近代美術、彫刻から写真まであらゆるアート情報をデータベース化し、作品の売買やアート教育に力を入れています。また最新のブロックチェーンテクノロージーを使ったアートビジネス(著作権、売買取引等)についても紹介がありました。

アート情報のオンライン化

まずDanielが強調していたのは、世界中のアートをデータベース化して誰でもオンラインでアクセスできるようにし、アートビジネスと教育に役立てようとしていることでした。もちろんこれらの情報は、世界中の美術館、アートギャラリー、財団、アーティストと連携して歴史的な作品から近代美術や彫刻、デザイン、写真まで80万点以上のオンラインデータベースとして蓄積しています。例えば、この絵画は誰が創作して、どういう特徴(大きさ、画質等)、どのように分類(年代、様式等)できるかなど。このような情報をアートが好きな人や勉強している学生、コレクター、美術館員やギャラリーの関係者など、アートに関わる全ての人々に学べる環境を提供しています。

アートの収集

アートを売買する仕組みも提供しています。購入したいアートがある場合は、Webサイトから直接購入したり、ギャラリーや販売店に直接メッセージを送り、売買情報を入手できることによってアートの売買を身近なものにします。またアートのスペシャリストに問い合わせることで専門家からコンサルティングサービスを受けることもできるようです。

アート教育

Artsyが力を入れているのがアート教育です。データベースにアクセスして教育用に自由にダウンロードすることが来ます。有名アーティストの経歴や伝記などもまとめられていますので、アートや歴史の勉強になります。

アートとブロックチェーン

Danielからは最新のアートビジネスに関するブロックチェーンテクノロジーを利用した事例として下記のようなサービスが紹介されました。
Cointemporary Digital Artの販売
Monegraph アートの流通サポート
Ascribe アート作品のトレーサビリティ
Everledger, TagSmart and Verisart アート作品の真偽認証
Artmyn アートの3Dスキャン認証
Provenire DNAを使ったアート認証
Binded アート作品の著作権管理
Artlery アートの再販管理
また興味深いのはコンサルティングファームであるDeloitteがアートと金融という視点でブロックチェーンのアートビジネスのソリューションを提供していることです。
https://www2.deloitte.com/lu/en/pages/art-finance/articles/art-finance-report.html

  • 全てのアート取引を記録、追跡可能
  • アートの売買取引は暗号化され不正を防ぐ
  • アートの売買取引履歴は永久に記録される
  • 第三者機関なしにコンセンサスが取れ本物であることが認証される
  • このモデルは障害に強く、拡張性がある

芸術作品はアーティストが生み出す唯一の価値あるモノであるため、ブロックチェーン技術を応用することで、今後世界中でアートビジネスがより効率的に発展して行きそうです。ニューヨークでアートとテクノロジーとの融合に目が離せないですね。

もしご興味がある方は、今回のセミナーのスピーカーであるDaniel Doubrovkineのブログをご参照下さい。
http://code.dblock.org/2017/07/11/the-future-of-the-art-market-on-the-blockchain.html